キャッシングの審査で嘘はバレるのかどうかを調べてみた。

MENU

キャッシングの審査で嘘はバレる?

 

私達の生活をサポートしてくれる消費者金融や金融機関のカードローンを利用するためには、必ず融資審査で返済能力に問題無いと認められなければいけません。

 

「この人なら融資をしてもしっかりと返済してくれるだろう」と審査で認められることで初めてお金を借りれるのです。

 

どんなに頭を下げても、どんなにお願いをしても、審査担当者が「融資不可」と判断すれば残念ながらキャッシングは出来なくなります。

 

審査では特に過去の返済状況や現在の借入金額、件数などに重点を置いており、他社のキャッシングサービスを多く利用していたり返済遅延を繰り返しているなどがあると審査通過は困難になります。

 

そこで申込書に記入する内容でウソの情報を申告すれば良いのでは?と考える人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

 

「他社借入金額が本当は300万円あるけど、申込書には50万円と記載しておこう」「3社から借入しているけど、1社ということにしておこう」「年収250万円しか無いけど500万円に増やしちゃえ」などです。

 

このような嘘の申告をすることで、確かに審査前の評価は高くなるかもしれません。

 

融資審査では信用情報機関を参照することで確実にバレます!

 

しかし審査では個人信用情報機関に保管されているデータベースを参照し、申込者の様々なキャッシング履歴やローン履歴を念入りに調べます。

 

このデータベースにはあらゆる借入状況と返済状況が記録されていることから、申込書に嘘の申告をしたとしても、確実にバレることになります。

 

つまり「嘘はバレないだろう」と考えてしまうのは大きな間違いであり、確実にバレることとなりますのでご注意ください。

 

個人信用情報機関には個々の年収額は記録されていませんが、それでも収入証明書の提示を求められた場合には、ひと目で年収額がわかってしまいます。

 

勤務先に関しては審査終盤で行われる在籍確認電話で簡単にバレてしまいます。

 

以上のことからカードローンの申し込みで何かしらの嘘をついたとしても結局バレてしまうことになりますので、正確な情報を提示しましょう。


プロミス



※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります