お金がない時に入院費用が高くて払えない場合どうすれば良い?

MENU

入院費用が高くて払えない場合の分割する方法について!

 

病気やケガは思いがけない時にかかるもの。

 

そんな時、治療したり入院するのに費用はどれぐらいかかるのだろうかと誰もが心配になるのではないでしょうか?

 

何となくものすごい金額を請求されそうなイメージが強いですが、実際はいくらぐらいの費用になるのでしょうか?

 

 

入院費用の相場はいくらぐらい?

 

病気やケガ、交通事故などで入院する場合、かかるのは医療費だけでなく差額ベッド代や食事代、その他の雑費など色々と費用がかさみます。
日本には健康保険という公的な医療保険がありますので、医療費は3割までが自己負担をなります。
しかしそうはいっても、入院するとなると費用はそれなりにかかっていますので、実際にどれ位の費用がかかるか相場は知っておいたほうが良いでしょう。

 

生命保険文化センターが調査した直近の過去5年間の入院の際にかかった費用は平均で約227000円となっています。
1日の自己負担額は1〜2万円となります。
この金額を聞いて高いと感じるかどうかは人それぞれかと思います。
しかし一般的な感覚で言えば22万円という値段は高いといえるでしょう。
貯金がない人には特に厳しいでしょうし、自営業ですと傷病手当が付きませんので、入院している間は収入がただ得てしまう可能性が高いです。
ローンが残っていたりシングルマザーで子供の面倒を見てくれる人や頼れる人がいないとなるとその間の施設費もかかります。

 

 

入院費用が払えないとどうなるの?

 

入院費用や治療費は高額となりますので、その時は払えないという方も少なくありません。
費用を払えないから入院できない治療してもらえないと諦めてしまう方も実際にいらっしゃるようです。
治療費が払えない場合、そもそも治療してくれないと言った問題が発生します。
しかしこれは美容整形や歯の自費治療などの場合で、交通事故や病気で命にかかわるような場合は入院や治療を断られるということはありません。
入院費用や治療費は後払いとなりますので、支払いの相談に乗ってくれる医療機関も多いです。
また医療費支援も用意されていますので、緊急を要するような場合には費用に関してあまり心配する必要はないかと思います。
まずは治療することだけに専念するようにしましょう。

 

費用が払えないけど治療を受けたり入院できるとは言っても、そのような場合の対応は病院によって違います。
実際に入院費用や治療費など病院代を支払えない人や支払わない人が多くいるので、病院側もその対応に頭を抱えているほどです。

 

病院代など費用を払えない場合、まずはその病院の相談室などで事務員と今後の支払いについて話し合うこととなります。
大体は分割払いで対応というケースが多いですが、収入の状況などによっては、一定期間は支払いが猶予になることもあります。

 

しかし分割払いで合意したにも関わらず支払いをしない場合は、病院から電話や文書で催促されることとなります。
場合に寄っては直接訪問することもあるようです。
医療費の不払いは社会的に大問題となっており、専門業者に依頼して法的手段を取る病院もあります。
そうなると最終的に裁判所から支払い命令がくだされ、最悪の場合は財産の差し押さえをされることも考えられます。

 

 

カードローンで入院費用や治療費を払う

 

カードローンやキャッシングと聞くとネガティブなイメージを持たれる方も多いかもしれません。
ただでさえ入院するほど身体が弱っているのに、精神的ダメージが大きくなりそうと思うかもしれません。
しかしカードローンやキャッシングは正しい使い方をすれば非常に便利なもので役立ちます。
カードローンやキャッシングは消費者金融でしか扱っていないと思っている方もいるようですが、最近では銀行やクレジットカード会社でも扱っていますのでより安心してお金を借りる事が出来ます。
カードローンなら資金使途は自由ですので、入院費用や治療費に使っても問題ありません。

 

本人に収入がないと基本的には借り入れできませんが、専業主婦でも配偶者に安定収入があれば融資してくれる金融機関も有りますので、収入がないからといって諦める必要もありません。
インターネットから申し込み出来、審査結果は即日回答、早ければその日に自分の銀行口座に振り込みしてくれる金融機関もあります。
融資限度額や金利、利便性などは金融機関ごとに違いますので、各社じっくりと比較し自分に適したカードローンを選ぶようにしましょう。

 

カードローンは融資枠だけ作っておき、必要となった時だけお金を借りるということが出来ます。
契約したら直ぐに返済義務が生じるわけではないので、万が一の時に備えて予めカードを作っておくという使いかたも出来ます。
今は入院していなくても入院の心配がある方は手続きだけでも済ませておくと良いかもしれませんね。

 

どの金融機関で借りれば良いのか分からないという方も多いかもしれません。
やはり安心できる金融機関でお金を借りたいと思うのは誰もが同じでしょう。
カードローンは銀行若しくはテレビCMなどで頻繁に見かける大手の消費者金融に絞ったほうが良いです。
名前も知らない中小サラ金や街金ですと悪徳業者である可能性も高いですから、安全性を考慮するなら銀行と大手消費者金融のどちらかを選ぶのが一番です。