キャッシングとカードローンの違いって何でしょう?

MENU

キャッシングとカードローンの違いって何?調べてみた!

 

急な出費があった時でも消費者金融や銀行からお金を借りる事が出来るキャッシングやカードローンを利用すれば、お金を用立てることが出来ます。

 

カード一枚で突然の出費にも対応できますから慌てることもありません。

 

必要な分だけ借りることが出来るのも嬉しいところです。

 

キャッシングとカードローンは同じ意味合いで使用されることが多いですが、実は違います。

 

貸金業者の中にもカードローンのことをキャッシングと言っているところも多いですから、混同してしまうのも無理はありません。

 

ではキャッシングとカードローンの違いは何なのでしょうか?

 

キャッシングと聞いて真っ先に思い浮かべるのはクレジットカードのキャッシング枠ではないでしょうか?

 

クレジットカードはショッピング枠とは別にお金を借りる事が出来るキャッシング枠が付帯されています。

 

コンビニATMやキャッシュディスペンサーでお金を借りる事が出来ます。

 

借り入れ可能な金額は契約内容によって決定されます。

 

また当然ですが契約前に審査を行ない、審査を通過しなければ利用することは出来ません。

 

自分の口座からお金を引き出すことによく似ていますが、キャッシングが借金であることを忘れてはいけません。

 

借りたお金は利息を付けて返さなければいけません。

 

キャッシングの返済方法は翌月一括払いが基本です。

 

借り入れた金額と利息を併せて金額を返済します。

 

手元にお金がなくても給料日にまとまったお金が入り返済ができると言う場合に、有効的な使い方です。

 

一括返済ですから一時的に負担が大きくなりますが、1回の返済で済ませることが出来ますので返済計画を立てやすいですし、利息の計算も非常に簡単です。

 

またキャッシングとはクレカに付帯されたキャッシング枠だけでなく、消費者金融からの貸し付けサービスでも使用されます。

 

主に中小サラ金や街金はキャッシングの名称で個人に貸し付けを行っていることが多いです。

 

キャッシングとは短期で借りる小口融資のことで、多くても50万円程度が殆どです。

 

以前は一括返済が主流でしたが、最近は分割払いやリボルビング払いに対応してキャッシングが多くなりました。

 

キャッシングは借入は一度だけで、後はひたすら返済していくというのが基本です。

 

返済途中でお金を借りたいと思っても追加で借りることが出来ず、使い勝手はあまり良くありません。

 

もし新たに借りる場合は再度新規で申し込みを行い、審査を通過しなければいけず何かと手間がかかります。

 

扱っているのが中小サラ金や街金と規模の小さいところですから金利もかなり高めです。

 

但し大手の消費者金融や銀行に比べると審査が甘い傾向にあります。

 

その為、大手消費者金融や銀行で融資を断られたという方が利用するところでもあります。

 

キャッシングと似ているの融資商品にフリーローンがあります。

 

これも混同されやすいものの1つですが、キャッシングとフリーローンは違います。

 

フリーローンは必要な金額を最初に全額借りて後は返済するだけの借り方です。

 

この部分はキャッシングと一緒ですが、資金使途に違いがあります。

 

キャッシングは基本的に資金使途に制限がありませんが、フリーローンは資金使途が限定されています。

 

結婚資金、治療費用、旅行費用等など決まった目的に使用することが出来るのがフリーローンです。

 

お金の使いみちが制限される事からキャッシングの方が良いのでは?と思う方も多いですが、フリーローンにはキャッシングにはない魅力が1つあります。
それは金利です。

 

フリーローンは使いみちが限定される分、低金利でお金を借りる事が出来るのです。

 

見積書や請求書など要しなければいけない書類があり多少面倒ですが、使いみちがハッキリしているる場合はキャッシングよりも振りローンのほうが賢い選択と言えるでしょう。

 

最後にカードローンです。
カードローンは大手消費者金融や銀行で取り扱っている事が多い、使いみち自由なローンです。

 

キャッシング同様に資金使途に制限がありませんが、最大の違いは限度額内で繰り返し借入が出来る点です。

 

キャッシングの場合、契約と同時に全額を借り入れすることになります。

 

借りたお金を使わなくても融資を受けた日から返済義務が発生します。

 

コレに対しカードローンは融資枠を始めに作り、自分の好きなタイミングで借り入れすることが出来ます。

 

つまり契約し融資枠を作っても借入れをしなければ返済義務は一切ありません。

 

特に今のところお金を借りる必要が無いと言う場合は無理に借り入れする必要はありませんし、逆に必要な時に必要な分だけ借りるといったことも可能です。

 

カードローンの場合は決まった目的に使うために借りるというよりかは、急な出費や万が一の時に備えておくという使い方に向いています。

 

利便性が高い分、金利は高くキャッシングとほぼ同等の利率です。

 

カードローンは好きな時に好きな分だけ借り入れできる非常に便利なものですが、借り癖がつきやすいので注意が必要です。

 

気軽に借りれるのは良いことでもあり悪いことでもあります。

 

借金はないに越したことはありませんから、出来るだけ早く完済させてしまったほうが良いのです。

 

借り入れと返済と繰り返していれば当然いつまでたっても完済は出来ませんから、ついつい借りてしまう意志の弱い方にはあまり向いていないサービスとも言えます。

 

キャッシングとカードローンはどちらが良いの?と迷う部分かもしれません。

 

どちらにもメリット・デメリットがありますので、今の自分に適した方を使うのが一番です。

 

資金の使いみちがハッキリしているのであれば、借入が一度きりのキャッングやフリーローンを、急な出費で少額のお金が必要など緊急を要するのであればカードローンが最適です。

 


プロミス



※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります